ザ・バーテンダー

ザ・バーテンダー

バーテンダーの資格とは

バーテンダーは必ずスクールを卒業しなければなれない仕事ではありません。
未経験から始められますが、就職先を簡単に見つけるためには資格を持っている方が有利です。スクールの中には独立して店を持つ指導まで行うことがあります。
また世界大会の優勝者や全日本バーテンダー技能競技大会優勝者を多く輩出するところもあります。正式なステアリングやシェーキングなどの実技やお酒に関する知識など幅広く教わります。費用や通学期間はスクールで異なりますが、数万円で受講して入学金や奨学金を含めて数十万円で済ませることも可能です。
資格には国家資格ではなく、民間資格が用意されています。代表的なのが社団法人日本バーテンダー協会が発行している資格で、3段階あります。
資格を取得するためにはまず協会の会員になる必要があります。面接をして、衛生試験やお酒全般に関する試験が出されるので、スクールで学習した方が合格率も上がります。日本や世界のコンテストで優勝すれば、バーテンダーとしての評判が上がります。大会を通して人脈を獲得したり、モチベーションを上げることができ、地域限定のコンテストなど国内にはユニークなコンテストがたくさんあるので、挑戦すると良い経験になります。

バーテンダーになるために必要なこと

バーテンダーとは、一般的にビール、ワイン、スピリッツなどのアルコール類をお客様に提供するサービスを行う人のことを言います。基本的にカウンターを設置している店が多く、アルコールを提供するだけでなく、カウンターに座られたお客様と会話などをすることも仕事に含まれます。
バーテンダーになるために必要な資格や学歴はありません。関連している資格としてはNBA認定バーテンダー資格などがあります。店を開く際に必須というわけではありません。
最も必要なスキルは二つです。

一つ目は信用できるバーで修行して身につけるアルコールをサービスするスキルです。スタンダードカクテルのレシピやお酒の歴史など膨大な知識と、シェイカーの振り方などの技術を覚えて身につけることが必要です。まずこれがしっかりとできないと一人前にはなれません。
二つ目はサービスのスキルです。お客様に失礼がないように振る舞えること、お客様を楽しませる会話ができること、お客様一人一人に望んでいるサービスができることです。こちらが最も難しく、1日で養えるものではありません。会話を楽しみたいお客様もいれば、静かに飲みたいお客様もいます。接客業全体に言えることですが、一人一人に合ったサービスはとても難しいですが、これこそが醍醐味だと言えます。
一流になるためにはこの二つが必須だと言えます。

Valuable information

SSL
名古屋市北区 接骨院
山梨の求人情報

2018/8/3 更新